フィーラ(Zafira)とは、オペルのミニバン。輸入車です。


オペル「ザフィーラ」に試乗

2000年4月、東京

オペルからなかなかできのよい「ミニバン」がデビュー、日本上陸を果たした。その名は「ザフィーラ」。さっそく箱根で試乗した。

「ザフィーラ」ってどんなクルマ?

最近、日本で過熱気味の市場に殴り込んできた「ザフィーラ」ってどんなクルマ?ボディー寸法は手ごろそうだ(全長4315ミリ、全幅1740ミリ、全高1675ミリ)。ヨーロッパでも大好評という。

外観、シート

まず外観。横顔が端正できれいだ。前?一目でオペルとわかるスッキリした顔付き。7人乗りだというが3列目シートがない。実は、この3列目シートの折り畳みはコツがのみこめるまで時間が掛かったり、結構わずらわしかったものだ。

それがこのザフィーラときたら、ワン、ツー、スリーで床下に納まり、見事なフラットラゲッジルームを完成させるのだ。

インテリア

インテリアは無難にまとめてあるのかな。ボディーカラーにシートカラーを合わせてあるところなんてかわいい。

エンジン

さあ、出かけよう。エンジンは1.8リットルECOTEC直列4気筒DOHC16バルブユニットでオペルの自信作。この日は4人で乗車。上り坂も下りも、キッチリと走ってくれた。少し硬めの足回りが攻めの運転もガッチリと受け止めてくれる。

シートはやや硬め

シートは私には少し硬い。オペルはドイツ人平均体重を75キロと仮定して(日本人は55キロ)、シートの硬さを決めているという。というわけでこのザフィーラは荷物をいっぱい積んで遠くに出かけたくなるクルマといえそうだ。

日本向けに3つの変速モード

さらに日本向けには「エコノミー」「スポーツ」「スノー」と3つの変速モードを持ち、ストップ・アンド・ゴーに強い「ニュートラル・コントロール」機能も備えて価格はCDX5ドア4A/Tで291万円。


ヤナセ・オペル新型車「ザフィーラ」

2000年3月、沖縄

オペル車の輸入・販売元のヤナセは「オペル ザフィーラ」を発表。予約注文の受け付けを全国のヤナセオペルネットワークで始めた。

配車開始は2000年4月の上旬

販売店への配車開始は2000年4月の上旬を予定している。4月8、9日の「春、出逢いの日」フェアから本格的な展示、販売を開始する。

オペル社が初めて開発したコンパクト・ミニバン

オペル社が初めて開発したコンパクト・ミニバン。機能性と走行性を両立させ「フレックス7システム」という独自の7人乗り3列シートを採用している。

日本仕様車

日本仕様車は、1・8リットルエンジン、右ハンドル、4速ATで安全面もABS、運転、助手席フルサイズエアバッグを装備している。価格は、税別希望小売価格で288万3000円。